血糖
食生活血糖運動飲用初期症状
******

糖尿病と合併症

糖尿病は、最初の段階では初期症状として、人によって体の異なる部分でそれが見られます。
やがて症状が進行してしまうと、様々な「合併症」が現れることがあります。
これが本当に糖尿病の怖い部分であり、逆に誰もがその危険をはらんでいる部分でもあります。

糖尿病患者の9割以上はⅡ型糖尿病という、生活習慣などが原因で引き起こされる糖尿病です。
Ⅰ型糖尿病は子供に多い、膵臓の異常が引き起こすインスリン不足です。
糖尿病が引き起こす合併症には、網膜症や腎症、神経障害、それに重大な血管障害などが挙げられます。

網膜症とは、いわゆる網膜剥離などの形を取って、目に何らかの異常が現れます。
血液異常により、流れる血管に負担がかかることが原因で、最悪の場合失明に至る可能性があります。
急激な視力低下を感じた場合には糖尿病を疑うべきです。

腎症とは腎不全とも言われますが、糖尿病により糸球体という、腎臓において血液中の老廃物を排出する働きに大きく関係している部位がに障害が起こり、血液中の老廃物が正常に排出されなくなってしまいます
これにはアルブミンという物質が関係しています。
腎症が進むと、人口透析という、生活に様々な支障をきたさなければならない状態にまで陥ってしまうことがあります。


MENU

Copyright(C)日常生活で出てくる悩みを解消