血糖
食生活血糖運動飲用初期症状
******

運動で対策できる糖尿病

運動を行うことは糖尿病の予防、そして発症した後の治療においてどのような関連性があるでしょうか。
ウォーキングなど、自分にあった運動をすることはとても良いことです。
毎日がさわやかで、気持ちのいい朝を迎えることができます。

糖尿病になってしまう原因の一つに、運動不足が挙げられます。
特に肥満の人に多く、偏った生活をしていることが糖尿病の発症に繋がります。
ですから、糖尿病予防のためにも定期的に軽いウォーキングのような習慣を付けることが大切なのです。
それには、自分が発症した(または発症しうる)糖尿病の種類について把握しておくことが大切です。
糖尿病には、Ⅰ型の糖尿病とⅡ型の糖尿病があります。
Ⅰ型に関してはあまり周知されておりませんが、主に子どもがなるタイプがⅠ型です。
膵臓が落ち膵臓の働きが弱り、体内のインスリン濃度が低くなってしまうのです。
逆にⅡ型は、尿の異常や疲労感、手足の痺れや足先の壊疽などとなってしまいます。
目立った症状があらわれないこともあります。

ですから、運動を行い健康を保つよう努力することが大切なのです。
ちなみに手足にそれらⅡ型糖尿病の症状が現れた場合、手足の切断を経験している患者もいます。

MENU

Copyright(C)日常生活で出てくる悩みを解消