血糖
食生活血糖運動飲用初期症状
******

血糖コントロールと糖尿病

乱れた生活習慣や食生活などが原因で、糖尿病を発症してしまった場合、重大な合併症を出来るだけ引き起さないように、すぐに治療を行う必要があります。
治療と言っても、薬と生活習慣の改善を行うことが主です。
そこには、血中の血糖をコントロールする―いわば測ることのできる血液の状態を可能な限り良い状態に保つことが含まれます。
ということは、治療中にその血液の状態がどのくらいの数値を指すかによって、合併症の発症率はどれくらいなのか、どんなところに改善を図ることができるのか、それを推測することができるのです。
もちろんそれだけでなく、睡眠の習慣や喫煙習慣、また体重の管理など、様々な場面において指標を持っておくことが大切になります。

糖尿病における合併症の危険は、今までも多くの場面で取り上げられてきたとおりです。
夜起きてよくトイレに行くようになったら危ない…とか、喉が渇くようになってきたら危ないなどの危険性があります。
それらは重大な糖尿病合併症の事前サインでもあったりします。
ですから、まずは糖尿病とわかる前の、生活の見直し、早期治療と早期発見、そして決められた治療方法で治療すること、そういったことが含まれます。

MENU

Copyright(C)日常生活で出てくる悩みを解消